スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stephen King, Everything's Eventual ★★★★☆

Everything's Eventual

Stephen King, Everything's Eventual
 ついにキング読了しました。1ページ2分ぐらいで読む事を心がけました。
それで分らなければ分らないで飛ばす。それでいいんです。
なんとか読み切りました。とにかくキングを原著で読めて本当に幸せです。
1話ずつ語数を稼ごうというセコい考えで、短編集を選んだんですが、
今は長(中)篇にすればよかったかな?、とちょっと後悔しています。
途中分らなくなると修正がきかなくなって、
そのまま終わってしまうというパターンになるのでちょっとツラかったです。
全然分らないという訳ではないのが結構歯がゆいです。
まだちょっと力不足ですね。早く楽に読めるようになりたいです。
スポンサーサイト

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Stephen KIng, Four Past Midnight ★★★★☆

Four Past Midnight

Stephen King, Four Past Midnight
この作品には以下の中編小説が4編収められています。

”The Langoliers” ★★★★★
Bostonへ向かうAmerican Pride 29便の乗客・パイロットが10名の乗客を残して
忽然と消えてしまった。彼らに共通するものは眠っていたということのみ。
いろいろな手を尽くして連絡をとろうとするが全く無駄骨。
緊急着陸の為、Bangor空港へ着陸した彼らを待っていたものは・・・。
”怠けるとThe Langoliersがやってきて食われてしまうぞ!”と
Craig Toomyが小さい頃父親から言われ続けていた怪物が全てを食い尽くす為にやってくる。
彼らは無事に脱出し元の世界へ戻る事ができるのだろうか?
はたまたThe Langoliersに食われてしまうのか! 乞う御期待。
個人的には”刑務所のリタ・ヘイワース(邦訳のみ読みました)”に並ぶ傑作だと思っています。

”Secret Window, Secret Garden” ★★★★☆
作家のMorton Raineyは、ある日、John Shooterから”おれの作品を盗んだ”と
言われます。その後、Morton Raineyの周りでは飼い猫が死に、家が焼かれ、
友人が惨殺され(この描写はきつかった)、様々な事件が起こります。
これはJohn Shooterの仕業なのか? また、John Shooterとは何者なのか?
エピローグが読みこなせればもっと面白かっただろうと思います。まだまだ力不足です。

”The LIbrary Policeman” ★★★★★
スピーチネタ探しの為に借りてきた本をSamはちょっとした手違いから紛失してしまい、
謎の図書館司書Ardelia Lortzから”図書館警察を思い出しなさい”という電話を受ける。
そう、あの借りた本を返さないとやってくる図書館警察だ。
ずーっと心の中に封印し続けていたあの忌わしい過去がついに蘇ってくる。
Samは図書館警察から逃れる事ができるのか?
ところで、主要な登場人物SamとDave、二人合わせてSam&Daveなんですね。
ちょっとにやっとしました。どうもR&Bって感じじゃないけど、いいかもしんない。

”The Sun Dog” ★★★☆☆
一度投げた本です。残しておくのもなあと思ったのでちょっと無理しましたが読みました。
9章の半分ぐらいまで結構難しかったですが、それ以降はそうでもなかったです。
あらすじは分かったと思うのですが、細かい所が分からず、ちょっと悔しいです。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Stephen KIng, The Green Mile ★★★★★

The Green Mile

Stephen King, The Green Mile
何度も挑戦しましたが全然ダメだったので、映画を見てから読みました。
最初の100ページぐらいがやたら難しかったですが、それ以降は普通でした。
読み終えて本当に良かったと思える一冊。
キングは”愛する者との別れ”を描くのが無茶苦茶上手いよね。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Stephen King, Bag of Bones ★★★★☆

Bag of Bones

Stephen King, Bag of Bones
ゴーストの出てくる横溝正史みたいな感じでした(笑)。
28章で全ては明らかに。随所に布石はちりばめてありました。さすが巨匠。
キングを読むと、読みたい本&聞きたい音楽が増えて困ります(笑)。
MikeがKyraにシンデレラのお話をしてやる所があるんですが、これは笑いましたね。
Rock'n Roll BandでGigするんだそうです(笑)。
あと並行読みって”read in tandem”(スペル自信なし)って言うんですね。なるほどー。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Stephen King, The Girl who Loved Tom Gordon ★★★★★

The Girl who Loved Tom Gordon

Stephen King, The Girl who Loved Tom Gordon
恐怖や不安に苛まれると人は支えを必要とする。
TrishaにとってはRed SoxのCloser、Tom Gordonだった。
”新潟中越地震で奇跡的に救出された優太君は誰だったのだろうか?”
そんな思いが錯綜し、小さな子供を持つ1人として平静では読めませんでした。
心に残る1册になりました。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。