スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thomas H. Cook, Places in the Dark ★★★☆☆

Places in the Dark

Thomas H. Cook, Places in the Dark
読みにくいと思わなかったですが、話ややこしかったです。
半分ぐらいまで全然繋がらず、それからだんだん繋がってきて、
最後でまた分からなくなりました。
”で、結局、どやねん!”みたいな(笑)。
スポンサーサイト

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Thomas H. Cook, The Chatham School Affair ★★★★★

The Chatham School Affair

Thomas H. Cook, The Chatham School Affair
これはとても哀しい物語です。
ミステリーというよりもMiss Channingを取り巻く様々な人間模様を描いた作品です。
ひとつの事件を通して浮き彫りにされる悲劇、人間の”業”ちゅうんですかね。
ホンマええ作品でした。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Thomas H. Cook, The Interrogation ★★★★☆

The Interrogation

Thomas H. Cook, The Interrogation
で、結局、”Kathy Lakeを殺害したのは誰なん?(笑)”
いろいろな場面や証言が併行して進んで行くので、
最後まで分かったような分からんような感じでした。
でもまたクックの作品は読むだろうと思います。文体が好きなんです。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Thomas H. Cook, Mortal Memory ★★★★★

Mortal Memory

Thomas H. Cook, Mortal Memory
 父親に家族を惨殺され一人生き残った少年Stevie。
やがてStevieも家族を得、幸せに暮しているが、
ある時、本を書きたいという女性Rebeccaが現れ取材を受ける事に。
過去の事件の真相がRebeccaとのインタビューを重ねるうちに
徐々に明らかになっていくが・・・。
 ちょっとした誤解から崩壊していく家族と悲劇。やるせなさが残ります。
チャンドラーのある作品を彷佛させるような話でした。 
 Thomas H. Cookは作品によってはかなり消化不良になったりしますが、
独特の色彩感覚が大好きで、文体も素晴らしいです。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Thomas H. Cook, Taken ★★☆☆☆

Thomas H. Cook, Taken

Thomas H. Cook, Taken

 最後はよく分からなかったです。
なんか中途半端な終わり方だったような気が・・・。
クック流の終わらせ方なのかなあ。
 話はエイリアンと遭遇した3世代の家族の物語なのですが、
場面展開が早いし、さらっとしか描いていないのでちょっと不満です。
ドラマでは面白いのかもしれませんね。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。