スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nelson Demille, The Lion's Game ★★★★☆

The Lion's Game

Nelson Demille, The Lion's Game
結構読みやすかったですが、結末がイマイチ。
”アメリカ=正義、アラブ=悪”という描き方じゃないところは
いいと思うけどねえ・・・。
とブツブツ言いながらもデミルは何冊か読んでみるつもりです(笑)。
スポンサーサイト

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Nelson Demille, Night Fall ★★★★★

Night Fall

Nelson Demille, Night Fall
最初はなかなか話が進んでいきませんが、(かといって退屈ではないんです)
半分ぐらいから、きますね。
主人公の”John Corey”、むっちゃオッサンなんですけど、
真実へのあくなき追求、揺るぎない正義感、ええキャラだしてますわ。
文中に”Do the right thing. It's never too late.”
というJohn Coreyのセリフがあるんですが、いいですねえ。
心に刻んでおきたい言葉です。
最後の結末は”どうかなあ?”と思ったりもするけど、
デミルはホント読ませるのがうまいです。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Nelson Demille, Plum Island  ★★★★☆

Plum Island

Nelson Demille, Plum Island
Gordon夫妻が殺され、”Vaccine”が盗まれた。
John CoreyはGordon夫妻の周辺を洗いはじめ、捜査進める。
あるひとつの話がきっかけとなり、捜査は意外な展開へ。
最初ちょっと読みにくく感じましたが、話の筋がはっきりしてくると読みやすいです。
ラスト150ページは内容的に一気読みしたかったのですが、ちょっと細切れでイライラ。
各章が少し長めなので、ある程度時間があった方がいいかと思います。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Nelson Demille, Mayday ★★★★☆

Mayday

Nelson Demille, Mayday
ミサイルの誤射により機体に穴があき、
大半の乗客が死んでしまうか、酸欠で脳がやられ、おかしくなってしまいます。
かろうじて生き残ったBerryたちが、
損傷を受けた機体を海上に墜落させ証拠隠滅を謀ろうとする副社長の企みもなんとか切り抜け、
最後はサンフランシスコに還ってきます。
ホント、ジェットコースター的で映画を観ているような感じでした。
メッチャ面白かったです。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。