スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stephen King, Everything's Eventual ★★★★☆

Everything's Eventual

Stephen King, Everything's Eventual
 ついにキング読了しました。1ページ2分ぐらいで読む事を心がけました。
それで分らなければ分らないで飛ばす。それでいいんです。
なんとか読み切りました。とにかくキングを原著で読めて本当に幸せです。
1話ずつ語数を稼ごうというセコい考えで、短編集を選んだんですが、
今は長(中)篇にすればよかったかな?、とちょっと後悔しています。
途中分らなくなると修正がきかなくなって、
そのまま終わってしまうというパターンになるのでちょっとツラかったです。
全然分らないという訳ではないのが結構歯がゆいです。
まだちょっと力不足ですね。早く楽に読めるようになりたいです。
スポンサーサイト

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

John Grisham, A Painted House ★★★★☆

A Painted House

John Grisham, A Painted House
 読みやすかったです。”結構いろんな事があるもんだなあ”と思いながら読みました。
グリシャムは描写が本当に細かくて、読んでいて眼に浮かんできます。
長い事が苦にならない方でしたらレベル6が読めればかなり楽に読めるのではないかと思います。
レベル9になっていますが、個人的にはレベル7ぐらいだとおもいます。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Raymond Carver, Will you please Be Quiet, Please? ★★★☆☆

Will you please Be Quiet, Please?

Raymond Carver, Will you please Be Quiet, Please?
 日常のちょっとした光景を淡々と描いた短編集です。鮮やかなオチはありません。
読み始めは結構読みやすいと思ったのですが、読んでいるとだんだん眠くなります。
こういう本は読めてるのか読めてないのかよく分かりません。
かなり難しいような気もするのでレベル9にしました。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

John Grisham, The Street Lawyer ★★★☆☆

The Street Lawyer

John Grisham, The Street Lawyer
 読み始めは”グリシャムにしては粗いなあ。イマイチやなあ”なんて思いましたが
30章以降グリシャムらしさで一気に読ませてくれました。
最後ちょっと、じ~んときました。社会的弱者に対する眼差しが優しいよね、グリシャムは。
あとがきでも述べてますが、これまで感心のなかったホームレス問題を取り上げ、
より社会と関わろうとしている意欲を感じました。
単語(法律用語?)が難しかったですが、文章自体は読みやすかったです。
これって矛盾してるかなあ?

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。