スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Michael Connelly, The Poet ★★★★☆

The Poet

Michael Connelly, The Poet
最初の150ページぐらいまで、やたら難しかったです。
”The Narrows”が手元にある(間違って開けでもしたら万事休す)ので、
どんな事があっても読んでやろうという気持ちだったのですが、
最後の100ページはもう読む手が止まりませんでした。
コナリーの基本線が全て凝縮されているような作品でした。
スポンサーサイト

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Thomas H. Cook, The Chatham School Affair ★★★★★

The Chatham School Affair

Thomas H. Cook, The Chatham School Affair
これはとても哀しい物語です。
ミステリーというよりもMiss Channingを取り巻く様々な人間模様を描いた作品です。
ひとつの事件を通して浮き彫りにされる悲劇、人間の”業”ちゅうんですかね。
ホンマええ作品でした。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Michael Connelly, Lost Light ★★★★☆

Lost Light

Michael Connelly, Lost Light
Boschが一人称で描かれるようになったので面喰らったのと
人物描写が”イマイチなかな”と思ったので結構適当に読みました。
しかし最後の最後で驚かされました。う~ん、さすが。何度も読み直しましたよ。
この章のために書いたのかなあ?
ところで私の本は341ー372ページまで重複しています。
落丁じゃないからいいんですが。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Stephen King, The Girl who Loved Tom Gordon ★★★★★

The Girl who Loved Tom Gordon

Stephen King, The Girl who Loved Tom Gordon
恐怖や不安に苛まれると人は支えを必要とする。
TrishaにとってはRed SoxのCloser、Tom Gordonだった。
”新潟中越地震で奇跡的に救出された優太君は誰だったのだろうか?”
そんな思いが錯綜し、小さな子供を持つ1人として平静では読めませんでした。
心に残る1册になりました。

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。